【自転車置き場・カバー入れ編】DIY初心者の自宅DIY

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。

 三枝の自己紹介は、コチラ 

 

今日は、ご好評いただいている“DIY初心者の自宅DIY”の自転車置き場・カバー入れ編をお届けします。

DIY初心者の自宅DIYとは

釘も真っすぐ打てなかったDIY初心者の私が、安東英子先生に影響を受け、始めたDIYをご紹介してゆく、名付けて “DIY初心者の自宅DIY”

アドバイザーになる前ですので、ご了承ください。

 

皆さんのお宅には、自転車はありますか。

どんな風に自転車をとめていますか。

マンションだと建物内に自転車置き場があり、雨風にさらされることがなく自転車にはとてもいいですね。

しかし戸建てとなると、屋外にとめているかたも多いと思います。

わが家も屋外にとめています。

 

自転車にカバー

とんねるずの木梨憲武さんのご実家は、自転車屋さんをされています。

その木梨憲武さんの実のお姉さんが、私の住む街でご夫婦で自転車屋さんをされているのです。

とても丁寧に自転車のメンテナンスなどをしてくださるので、いつもこの自転車屋さんで購入しています。

 

その自転車屋さんの、ご主人は自転車愛が強く、購入後の自転車の扱いも心配して色々とお話ししてくれます。

屋外にとめている自転車は、雨風や直射日光にさらすと自転車のために良くカバーをした方が良いそうです。

雨の時だけではなく、強い日差しも自転車が劣化を早めるそうです。

そこでわが家では、乗っていない日の自転車にはカバーを掛けています。

 

外したカバーどうする?

自転車を使う時はカバーを外して置いておくのですが、風で飛んで行ってしまうこともあり、困っていました。

そこで不要になった水切りカゴがあったので、こちらをカバーかごに転用しました。

 

わが家の自転車置き場

こちらがわが家の自転車置き場です。

この様にいつもカバーを掛けています。

 

少し寄ってみましょう。

こちらがカバー入れに転用した水切りカゴです。

フェンスの色と同じなので、目立たなくなっています。

ここに入れるようになってからは、カバーが飛んで行ってしまうこともなくなりました。

赤で囲ったところに下げてあります。

 

プチDIY作業

水切りカゴはステンレス素材でしたので、銀色でした。

こちらをスプレー塗装で白にしました。

塗装した水切りカゴを、S字フックで掛けてあります。

 

はい。とっても簡単な作業です。

4~5年経っていますが、まだ塗装はそれほど剥げていません。

剥げてしまったら、また塗装したいと思います。

ステンレスなので、雨ざらしでも錆に強く屋外に置くのに向いていたようです。

カバーが飛んでしまって困っている方、参考にしてくださいね♪

 


たくさんの方に安東流お片付け知って頂くため、「人気ブログランキング」に参加しています

下の写真を 「クリック」すると、1日1回ポイントが反映されます。

お帰りの前にポチッとクリック頂けると、嬉しいです♪

↓       ↓        ↓

掃除・片付けランキング
ルームメイクに関するお問い合わせは、画面右下のピンクのメール印からお気軽にどうぞ♪

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

貴方のお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ*

新型コロナウイルスのさらなる感染拡大と予防のため、

ご訪問してのアドバイス、片付けの作業は

控えさせていただいております。

 

■□お電話相談受付中□■

現在はお電話相談を受け付け中です。

詳しくは下のバナーをクリック☎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA