台風や集中豪雨に備え、ベランダの防災対策

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

九州北部豪雨により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復興をお祈り申し上げます。


前回に引き続き、防災のお話です。

8月9月は一年で一番台風の多い季節です。

そして近年、全国各地で異常な集中豪雨が増えています。

いざという時に困らないため、普段の備えが大切です。

 

自分で行う災害への備え

こちらは気象庁のHPにある台風や集中豪雨から身を守るために 自分で行う災害への備えのページです。

家の台風対策には、大きく分けて家の中の備えと、家の外の備えがあります。

本日は家の外の備えのお話です。

家の外の備え

大雨が降る前、風が強くなる前に行いましょう。
・窓や雨戸はしっかりとカギをかけ、必要に応じて補強する。
・側溝や排水口は掃除して水はけを良くしておく。
・風で飛ばされそうな物は飛ばないよう固定したり、家の中へ格納する。

 

今日はこの中の太字部分『側溝や排水口は掃除して水はけを良くしておく』についてお話しします。

 

ベランダの排水溝

ベランダには、排水溝があります。

この排水溝のお手入れを怠ると、ゴミや枯れ葉が詰まり、排水できなくなってしまいます。

排水溝のお手入れを怠り、大損害

これは私の叔母の家の話です。

近所に住む叔母は数年前に亡くなり、叔父は娘さんと同居することになり、叔母の家は空き家になっていました。

近くに住む私は、定期的に家の雑草取りに行っていました。

しかし家の鍵は預かっていなかったので、中に入ることはありませんでした。

数日前に大雨が降った後・・・

その日もいつものように、叔母の家の周りの雑草取りをしていました。

しかし家の中からいつもと違う音がします。

覗いてみると、寝室の天井から大量の水が室内に滴っています。

滴るというか、部屋に雨が降っていました!!

中に置いてあったベッドや家具も水浸しです。

急いで叔母の娘である、いとこに連絡しました。

水浸しの原因

叔母の家の寝室の上には大きなベランダがあります。

実はここの排水溝に大量の枯れ葉などが詰まり、ベランダがプールのような状態になり、ベランダの下にある寝室に大量の水が降っていたのです。

補修工事

ベランダの排水溝を掃除し、防水工事をし、寝室は壁紙、床材など張替え大規模補修工事となりました。

実際に住んでいるお宅なら、この様な被害になる前に気が付かれると思います。

被害にあう前の備えが大切です。

ベランダの排水溝のお手入れ

これは我が家のベランダの排水溝です。

ベランダには洗濯物を干すので、糸くず髪の毛、周りのお宅の枯れ葉も溜まります。

そのような大きめのゴミは洗濯を干すときに、サッと取りゴミ箱に捨てています。

それ以外のホコリや砂がどうしても溜まってしまうので、定期的にお掃除しています。

 

我が家のベランダの排水溝はねじ式になっています。

 

外すとこんな感じです。

このねじ式の蓋をブラシでゴシゴシ

外した排水溝の方も、届く範囲でブラシでゴシゴシ

(この時、ブラシの落下には注意してください→お掃除もプロの大石美弥子アドバイザーはお掃除の仕事の時は、ブラシに紐をつけ首から下げていたそうです)

ねじ式のキャップを取り付け完了です。

台風や集中豪雨に備え、お天気の良い日に是非お手入れし、防災対策してください。


お読みいただき、ありがとうございます♪
貴方のお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

片付けで悩む多くの方に『安東流お片付け』が届きますように☆彡

お帰りの前にポチッとクリック、お願いします♪



掃除・片付けランキング
1日1回ポイントが反映されます。

明日も来てね♪