大変!!洗濯機のこんなところが、カビていました!!

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。

 三枝の自己紹介は、コチラ 

 

洗濯機のかさ上げ台

皆さんは、洗濯機のかさ上げ台をご存知ですか。

洗濯機の大型化に伴い、使用している方も結構いらっしゃると思います。

かさ上げ台とは、洗濯機の脚の下にかませる台です。

わが家も前回、洗濯機を買い替えた時にそのまま設置すると排水ホースが無理やり折れ曲がりうまく排水できなくなってしまうため、かさ上げ台を導入しました。

設置してから、かれこれ7~8年ほど経ちました。

 

洗濯機が結構重く、設置場所も狭い一人で洗濯機を動かすのはとても大変です。

設置の時も、男の方2人で設置してくれました。

 

その様なこともあり、今までは手が届く範囲しか掃除していませんでした。

でも、なんだかとっても気になってしまい、意を決して一人で洗濯機を動かし、かさ上げ台を取り出してみました。

 

7~8年経ったかさ上げ台

表面の見える範囲は、なんとか綺麗さを保っていましたが、裏面のゴムにカビが発生していました。

今まで、何度かホースからの水漏れがあった影響かもしれません。

キッチンハイターを吹きかけ、しばらく放置。

カビがきれいに取れました!!

 

 

移動式のかさ上げ台

わが家のかさ上げ台は固定式です。

しかし便利な世の中、今は移動式のかさ上げ台もあるようです。

固定式のかさ上げ台だと、洗濯機下の掃除がとてもやりにくいのです。

 

また洗濯機のわきの壁はなんとか掃除できるものの、奥は掃除ができません。

一人で洗濯機の移動をしたので写真はありませんが、洗濯機奥の壁と巾木にホコリが積もっていました。

 

安東英子先生のYouTubeやブログでも紹介されているように、隙間があればどこへでも汚れは溜まりますね。

家が片付いていても、掃除したいところはたくさんあります。

気になる所を掃除するためにも、まずは家をきちんと片付けたいですね。

 

さて、我が家の洗濯機のかさ上げ台ですが、資格試験が終わり、時間に余裕が出来たら、導入してみたいと思います。

その時は、またブログでご紹介しますね。

 


片付けで悩む多くの方に『安東流お片付け』が届くよう、ランキングに参加しています。

お帰りの前に下の写真をポチッとクリック、お願いします♪

↓       ↓        ↓

掃除・片付けランキング
1日1回ポイントが反映されます。

明日も来てね♪

ルームメイクに関するお問い合わせは、画面右下のピンクのメール印からお気軽にどうぞ♪

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

貴方のお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ*

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、

アドバイザーの訪問作業はお客様と個別にご相談の上対応させていただきます。

 

お客様とアドバイザーの安全を最優先として活動してまいりますので、

今後ともご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

三枝へのお問い合わせはコチラ↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA