捨てずに有効利用~生ごみがにおわない!!

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。

 三枝の自己紹介は、コチラ 

 


先日、テレビで『イザというときに役立つ!代用品SP』という放送をしていました。

番組内では、レジ袋有料化に伴い紙おむつを入れる袋がなくて困っている!!

というお困りごとに、『皆さんが捨ててしまっている、あるものが代替品になります。それは、なんでしょう』というクイズが出されていました。

 

答えは『パンの袋』です。

 

袋の素材が違う

なぜパンの袋に入れた紙おむつがにおわないかというと、パンの袋がポリプロピレンで出来ているからだそうです。

「レジ袋」や「ポリ袋」はポリエチレン製です。

ポリプロピレンは、ポリエチレンに比べ、気体を2分の1から3分の1ほどしか通さないそうです。

だからにおわないのですね!!

 

わが家でも活用

実はわが家でも、パンの袋を生ごみ入れとして長い間、活用しています。

 

シンク下の扉のカゴにこのように収納しています。

調理中にサッと取り出し、生ごみを入れ、食事後、食器を洗い、排水口のごみ受けのごみを入れ、しばって捨てています。

サイズ的にも、とっても使いやすいのです。

 

分別にご注意を

私の住む大和市では、汚れているパンの袋はもやせるゴミです。

写真でもわかるように、使っているのはぶどうパンの袋です。

ぶどうパンの袋はどうしても汚れが付くので、もやせるゴミとなり、生ごみ入れとして活躍しています。

しかしながら、パンの袋はブラごみになる自治体も多いようです。

活用の前に、ご自身の地域の分別をよくご確認ください。

 

そして、お帰りの前に応援ポチっをよろしくお願いします!!

みんなのポチがわたしのブログ活動のエネルギーになります。


片付けで悩む多くの方に『安東流お片付け』が届くよう、ランキングに参加しています。

お帰りの前に下の写真をポチッとクリック、お願いします♪

↓       ↓        ↓

掃除・片付けランキング
1日1回ポイントが反映されます。

明日も来てね♪

ルームメイクに関するお問い合わせは、画面右下のピンクのメール印からお気軽にどうぞ♪

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

貴方のお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ*

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、

アドバイザーの訪問作業はお客様と個別にご相談の上対応させていただきます。

 

お客様とアドバイザーの安全を最優先として活動してまいりますので、

今後ともご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

三枝へのお問い合わせはコチラ↓

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA