暑い夏を乗り切るために

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。

 三枝の自己紹介は、コチラ 

 


わが家のリビングは1階にあります。

お隣との境界線が近く、建築基準法の採光の関係で天窓が付いています。

天窓は冬は日差しが入り暖かくてよいのですが、夏のリビングはまるで温室のようになってしまいます。

そこで天窓に日よけを掛けているのですが、それでも南向きの掃き出し窓から日が入り暑いのです。

そこで10年程前からグリーンカーテンをしています。

一石三鳥なグリーンカーテン

グリーンカーテン(緑のカーテン)とは?

「ゴーヤ」、「アサガオ」、「つるありインゲン」などの
ツル性の植物を、窓の外や壁面に張ったネットなどに這わせて、
カーテンのように覆ったものを「緑のカーテン」といいます。
自然の力を利用した夏場の省エネルギー対策です。

▶日差しをさえぎってお部屋を涼しくしてくれます

たくさん茂った葉が、窓から入る直射日光をさえぎるので、室内温度の上昇を抑えます。
さらに、建物の壁などに熱を蓄積させないので、ヒートアイランド現象の緩和にも役立ちます。

▶葉から蒸発する水分が周りの温度を下げます

植物が根から吸った水分を葉から蒸発させ、周りの熱を奪います。
さらにその水蒸気を含んでいる「涼風」を室内に取り込めば、エアコンなど冷房機器の使用を抑えることができて、省エネになります。

▶花や実も楽しめます

ゴーヤとつるありインゲンは花を楽しめる他、収穫した実を料理することもできます。

東北電力HPより

 

単に日よけだけではなく、温度を下げたり花や実も楽しめて、超おススメです。

始めたころはゴーヤを植えていましたが、西洋朝顔やパッションフルーツにしたり、色々植えて楽しんでいます。

 

去年は失敗

毎年、色々な苗を購入し植えているのですが、去年はキュウリを植えました。

あまり大きくならず、結果枯れてしまいました。

キュウリが枯れてから苗を買いくと、グリーンカーテンに出来そうなのは、元気がなさそうなゴーヤしかありませんでした。

ゴーヤの繫殖力で持ち直したものの、グリーンカーテンになる時期が遅れてしまい、効果半減でした。

 

今年はリベンジ

今年はリベンジで、買い物客が少ない時間(夕方~夜)に掛けて、ホームセンターに行き、白ゴーヤの苗を買ってきました。

グリーンのゴーヤより苦くなく、ピクルスにするとおいしいのです。

植えたのはゴールデンウィーク前です。

現在、すくすくと育っており、今年の夏に間に合いそうです♪

グリーンカーテンが出来たら、またご報告しますね。

 


片付けで悩む多くの方に『安東流お片付け』が届きますように☆彡

お帰りの前に下の写真をポチッとクリック、お願いします♪

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

掃除・片付けランキング

1日1回ポイントが反映されます。

 

ルームメイクに関するお問い合わせは、画面右下のピンクのメール印からお気軽にどうぞ♪

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

貴方のお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ*

新型コロナウイルスのさらなる感染拡大と予防のため、

ご訪問してのアドバイス、片付けの作業は

控えさせていただいております。

 

■□お電話相談受付中□■

現在はお電話相談を受け付け中です。

詳しくは下のバナーをクリック☎

 

三枝へのお問い合わせ、お申込みはコチラ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA