トイレの水は大と小どっちで流す?

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

 


先日、用事があり、TOTOショールームに行ってきました。

今はコロナで蜜を裂けるため、TOTOに限らず、ほとんどのショールームは予約制となっています。

もし、ショールーム見学をされることがあれば、事前のご予約をお勧めします。

 

トイレの大と小

ショールームには、システムキッチン、バスルーム、トイレと様々な展示があります。

その中で、今日はトイレのお話です。

トイレで用が済んだ後、水を流しますが、皆さんは、“大”と“小”、どちらで流しますか、

 

ほとんどの方が、用が大でも小でも、水は“大”で流されるのではないでしょうか。

“小”の方が、少ないお水の量で足ります。

 

しかし実際に、“小”では流れない・・・仕方なく、“大”で流している。という事はありませんか。

私も少ない水量の“小”で流したいものの、やはり毎回“大”で流しています。

 

では、“小”は何のために、あるのでしょうか。

TOTOショールームアドバイザーの方によると、“小”はトイレットペーパーを使用しない場合に使うものなのだそうです。

 

従って使うのは、男性の“小”の時のみだそうです。

女性は毎回、“大”で流すのがおススメだそうです。

 

知らず知らずのうちに“大”で流していて、正解でした。

なるほど~!!

そういう事だったのか!!大変勉強になりました。

 

節水機能の進化

最新のトイレは実に節水機能が進化しています。

 

30年前のトイレは、1回20リットルの水を使用していました。

20年前には、1回13リットルの水を使用。

そして現在は、1回3.8リットルの節水型のトイレが発売されています。

(節水型は集合住宅などでは、一部使用できない場合があります)

 

わが家のトイレは24年前のトイレです。

いったい毎回、何リットルの水を流しているのだろうか。

節水型トイレに憧れます。

 

除菌水で洗浄

TOTOのトイレの特徴としては、使用時にきれい除菌水で洗浄してくれます。

便器内の雑菌をきれい除菌水を流して、除菌してくれます。

(お安い機種だとノズルのみの洗浄になります)

 

掃除はしているものの、毎回使うたびにとはいきません。

しかしきれい除菌水は、使うたびに除菌してくれるので、より清潔に使えそうです。

ショールームの用事は、自宅のリフォームのために行ったのではないですが、トイレをますますリフォームしたくなったショールーム見学でした。

 


片付けで悩む多くの方に『安東流お片付け』が届くよう、ランキングに参加しています。

お帰りの前に下の写真をポチッとクリック、お願いします♪

↓       ↓        ↓

掃除・片付けランキング

1日1回ポイントが反映されます。

明日も来てね♪

ルームメイクに関するお問い合わせは、画面右下のピンクのメール印からお気軽にどうぞ♪

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

貴方のお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ*

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、

アドバイザーの訪問作業はお客様と個別にご相談の上対応させていただきます。

 

お客様とアドバイザーの安全を最優先として活動してまいりますので、

今後ともご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

三枝へのお問い合わせはコチラ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA