片付けても片付けても片付けても片付かない家をおうち丸ごとお片付け16~リビング棚編

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをお手伝いしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

本日は『片付けても片付けても片付けても片付かない家をおうち丸ごとお片付け』リビング棚のBefore/Afterの詳細をお届けします。

今までの記事


リビング棚を書棚にDIY

リビングの隣にあるリビング棚

上段の複合機はリビングへ移動しました。

(その時の記事)

下段のお掃除ワゴンは、廊下のクローゼットへ移動しました。

空いた下段にリビングのあちこちにあった書類をこちらに集合させました。

森(仮名)さん宅の書庫です。

沢山の書類を森(仮名)さんお一人で整理整頓されました。

そして、種類ごとにファイルボックスに入れました。

ここまで森(仮名)さんお一人で頑張ってされました!!

森(仮名)さんが整理整頓されたファイルボックスを収納。

棚は前から森(仮名)さん宅にあった物で、ファイルボックスが入るように棚板の幅を調整しました。

棚の脚には、フェルトを貼り引き出しやすくしてあります。

書棚に扉を付ける

まずはディアウォールを使って、下段の両端にワンバイフォーの柱を建てます。

建てた柱に丁番でベニア板を取付け、扉にしました。

扉は事前に白いペンキを塗ってあります。

最後に取っ手を取り付けました。

この金色の取手、ゴージャスですよね。

リビング棚の前にある物入とお揃いなんです。

ホームセンターに、たまたま同じ取手が販売されていました!!

取手がお揃いになり、リビング棚と物入の統一感が出ました。

リビング物入取手(上)とリビング棚取手(下)

リビング棚の下段に手作り書棚が完成しました。

今は便利な物が色々出ています。

今回はディアウォールを使用しましたが、別のメーカーも多種あります。

賃貸でも現状回復出来るよう、扉も付けられます。

賃貸の方も諦めずに、是非DIYで「大好きな家」にして下さいね♪


このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、お片付けの事、DIYの事などを綴ってまいります。

次回もリビング棚のビフォーアフターを3/5(火)朝6時に投稿予定です。

貴方のお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

安東流お片付けを一人でも多くの方に知って頂くため、
「人気ブログランキング」に参加しています