ていねいな暮らしを日常に

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。

 三枝の自己紹介は、コチラ 

 


あなたの家のルールは、ありますか。

わが家では、“食事の後の食器は自分で下げる” と言う決まりがあります。

小さなころから、当たり前のようにやっているので、日常となっています。

 

この様に、小さなころからやっていることは、その家の日常となります。

その日常は、その家で育った子どもたちの常識となっていきます。

 

ポイポイ収納!?

カゴ 収納

最近、よく耳にする『ポイポイ収納』

棚などにカゴなどの収納用品を並べ、中にポイポイと収納?していく。

見た目はキレイだし、楽ちん!! などと言われています。

 

どんなポイポイ収納があるのかと、検索してみると、靴下や下着、タオルやパジャマ・・・色々な物をポイポイと入れるだけにしているようです。

 

その子の常識となります

お母さんは、ポイポイと投げ込むだけで、家事時間が短縮されて、確かに楽かもしれません。

しかし、その常識の中で育った子は、靴下や下着、タオルやパジャマを畳むという事を知らないで育ちます。

投げ込むことが、その子供にとっての常識です。

 

大きくなった時に、『えっ!?タオルって畳むものだったの?』『下着って、畳むものなんだ!!』と気が付くかもしれません。

または学校でのお友だちの会話で『タオルは、畳まないでポイポイ投げ込むんだよ』なんて言うかもしれません。

こんな事になったら、恥ずかしい思いをお子さんはしてしまいます。

 

小さなころから家事に参加

お母さんが畳まないことにより、家事の時間を短縮することは出来ます。

しかし、この様な弊害が生まれしてしまいます。

でも、たくさんの家事をお母さん一人でこなすのは大変ですよね。

 

そこでおススメなのは、興味を持った時に畳み方を教える事です。

畳めたら、褒める♪

そんな風に小さなころから教えれば、畳むことがその子の日常となります。

 

そして、もう一歩進んで『自分の洗濯は自分で畳んで、自分でしまう』を日常に。

そうすれば『畳んでしまう』がその子の日常となります。

敷いてはお母さんの家事負担も減ります

 

ポイポイ収納をしているお母さん!!

今、楽することより、子どもたちにきちんとした暮らしを教えて、さらに家事負担を減らす方法に切り替えてみてください。

きっと、この先、お子さんのためになりますよ♪

 


たくさんの方に安東流お片付け知って頂くため、「人気ブログランキング」に参加しています

下の写真を 「クリック」すると、1日1回ポイントが反映されます。

お帰りの前にポチッとクリック頂けると、嬉しいです♪

↓       ↓        ↓

掃除・片付けランキング
ルームメイクに関するお問い合わせは、画面右下のピンクのメール印からお気軽にどうぞ♪

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

貴方のお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ*

新型コロナウイルスのさらなる感染拡大と予防のため、

ご訪問してのアドバイス、片付けの作業は

控えさせていただいております。

 

■□お電話相談受付中□■

現在はお電話相談を受け付け中です。

詳しくは下のバナーをクリック☎

 

三枝へのお問い合わせ、お申込みはコチラ↓

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA