叔母のアルバム

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。

 三枝の自己紹介は、コチラ 

 

叔母の引っ越し

先日、叔母がなくなりました。

叔母は公営住宅に住んでいたのですが、家族が独立し一人暮らしとなっていました。

数年前、3DKの家族用の公営住宅から1DKの独身用の公営住宅に引っ越しました。

それまで3部屋あったのに、1部屋になってしまいました。

独立した子ども達の物はないにしろ、引っ越すにあたり家具や持ち物を相当減らしたそうです。

 

叔母のアルバム

そんな1DKの公営住宅に、私の母をはじめ親戚一同が集まりました。

陶芸を趣味としていたので、母が叔母の作品をもらっていくことにしました。

陶芸作品を探していた時に、食器棚からとても整理されたアルバムが出てきました。

写真はイメージです

アルバムは昔からある紙製のポケット台紙アルバムで、全部で5冊ありました。

自分の子どもの頃、結婚してからの家族、旅行・・などアルバムにはタイトルが書いてありました。

中を開けてみると、1つの行事に対して厳選した写真1枚が選んで説明とともに入っていました。

例えば、子どもの七五三で1枚、沖縄への家族旅行で1枚といった感じでした。

 

アルバムの整理

子ども達の話しでは、3DKから1DKに引っ越すときに、大量にあったアルバムをこの様に、コンパクトな厳選したアルバムにしたそうです。

旅行も趣味で年に何回も海外旅行に行っていました。

旅行のアルバムだけでも、相当あったと思います。

ですが、1つの旅行に対して厳選した写真1枚だけを残してありました。

 

懐かしい会話

このアルバムが見つかったことで、『みんなで旅行したよね』とか『子どもの頃の私がいる―!!』とか思い出話に親戚一同で盛り上がりました。

 

昨今、写真はデジタル化してデータで残すことが主流になってきています。

しかし、もし叔母がデータで写真を残していたら、この様に盛り上がることはなかったでしょう。

手に取れる幸せがあるという事も、忘れないで欲しいな♪と思う出来事でした。

 


片付けで悩む多くの方に『安東流お片付け』が届きますように☆彡

お帰りの前に下の写真をポチッとクリック、お願いします♪

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

掃除・片付けランキング

1日1回ポイントが反映されます。

 

ルームメイクに関するお問い合わせは、画面右下のピンクのメール印からお気軽にどうぞ♪

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

貴方のお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ*

新型コロナウイルスのさらなる感染拡大と予防のため、

ご訪問してのアドバイス、片付けの作業は

控えさせていただいております。

 

■□お電話相談受付中□■

現在はお電話相談を受け付け中です。

詳しくは下のバナーをクリック☎

 

三枝へのお問い合わせ、お申込みはコチラ↓

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA