【物入れ】家族3人の遺品整理をお一人で~ビフォーアフター20

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

神奈川県のほぼ中央に位置する大和市に住んでおります。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。


本日も【家族3人の遺品整理をお一人で】をお送りいたします。

今までの記事は、こちら

>>家族3人の遺品整理をお一人で~猫と安らげる家へ

図面には描きませんでしたが、リビングを出たところに階段下の収納があります。

階段下なので、高さがありません。

 

階段下収納

ビフォー

このお写真は、お申込み時の物です。

私が下見に伺った時には、お母様が使われていたガラス製などの花器が棚の上にずらっと並んでいました。

その写真、撮り忘れました。すみません。

 

花器はほとんど使われていなく、思い出として取っておかなくとも良いとの事でした。

そこで厳選して、使われるものを次回訪問日までに残しておいてくださいと、お話ししました。

すると花器は、ほんの数個だけ残して、残りは手放されていました。

 

Tさん宅には、この様な遺品があちらこちらにありました。

ご自身で安東英子先生のYouTubeを見ながら、一周お片付けを完了してからのお申込みでした。

でも、この様な遺品は、どうしたらよいのかわからず残されていました。

お一人で遺品整理をされているので、迷うのはなおさらです。

 

この様な場合も、私たちアドバイザーに話すことでご自分の気持ちに気付いたり、気持ちの整理が出来る場合があります。

一人でないという事は、心強いですね。

 

奥行がある階段下収納

全出し

階段下収納の中を全部出したところです。

写真だとわかりにくいかもしれませんが、この階段下収納、間口の割に奥行が深いのです。

押入れと同じ奥行があるので、奥の物を取り出すのが大変です。

そこで、押入れサイズの引き出しケースを入れました。

 

ビフォーアフター

ビフォー

アフター

ここは大関文子アドバイザーに担当してもらいました。

奥が深いので、掃除機の後ろには普段あまり使わないものを入れました。

引出しの中は、掃除道具の備品や、工具など使用頻度が高いものです。

ビフォーではゆったりと入っていますが、その分物が外にはみ出していました。

アフターでは物入を容量一杯使い切りました。

この時点では、少し在庫などが多めです。

在庫が減れば、もう少しゆったりと収納することが出来ますね♪

次回へと続きます。

 


お片付けで悩んでいる方に安東流お片付け知って頂くため、ランキングに参加しています

お帰りの前にポチッとクリック頂けると、嬉しいです♪

▼      ▼      ▼
掃除・片付けランキング

三枝へのお問合せ・お申込みはコチラ▼

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

あなたのお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ1*

安東英子先生主催のZOOMセミナーの開催が決まりました!!

詳細は下記の画像をクリックください。

*お知らせ2

風穴三樹子アドバイザーの書類整理ZOOMセミナーの開催が決まりました!!

詳細は下記の画像をクリックください。

*お知らせ3*

メインアドバイザーとして伺ったお宅がYouTubeにて公開中です。

*お知らせ4*

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、

アドバイザーの訪問作業はお客様と個別にご相談の上対応させていただきます。

お客様とアドバイザーの安全を最優先として活動してまいります。

今後ともご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA