【本棚】ママの家事が楽になる家へ2 ビフォーアフター

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

本日から、『ママの家事が楽になる家へ』のビフォーアフターをお届けします。

前回の記事はこちら


間取り

Tさん宅は、マンションの3LDKです。

この他にマンション内にトランクルームがあります。

トランクルーム

マンション内の利便性の良いところにトランクルームがあります。

Tさん、きちんと整理整頓されています。

段ボールが全部で6箱くらいありますが、中身は全て本だそうです。

こらちの本は、私たちがルームメイクに行くまでにTさんとご主人がすべて見直しして下さいました

私は何もしていません。

Tさん、本当に頑張り屋さんなのです。

この6箱もあった本は、不要なものはリサイクル処分に回されました。

そして必要な物だけを本棚に収納されました。

本棚のある部屋

本棚はキッチンの隣の赤枠の南向きの洋室(2)にありました。

前回の予告Beforeにあったように、入り口正面に4つの本棚がありました。

Before
Before

この4つの本棚、もう満杯です。

トランクルームにあった必要な本を入れる余裕がありません。

途中経過

しかし、こちらの本棚もTさんとご主人とすべて見直し、私たちが伺った時には、この様になっていました。

(作業中の写真しかないため、私と長島アドバイザーが写っています)

私たちが伺うまでに、こちらの本棚もすべて全出しし、取捨選択。

本棚はキチンと拭きあげ、本を戻し、トランクルームの本も入れて頂いていました。

凄いですよね!!

私たち、何も手伝っていません。

Tさんの『快適な部屋で暮らしたい』という強い思いがあったからこそ、ここまでご夫婦で出来たのです。

Tさんと一緒に動かれたご主人も本当に素晴らしいです。

トランクルームBefore

だってトランクルームの6箱の段ボールも、本棚4本のうち3本も、ほとんどがご主人の物だったんです。

(一部、家族共有の書類もありました)

私たちアドバイザーに出来ない事があります。

それは物の取捨選択です。

必要なのか、不要なのかは依頼者しかわかりません。

不要な物をご自身で処分され、必要な物だけ収納出来る状態になっていれば、その分時間も費用も抑えられます。

本棚のある部屋After

色違いの白い本棚は処分し、3本の本棚だけ残すことにしました。

3本中2本は、ご主人の本棚、1本はTさんの本棚になりました。

リビングから開けた扉の正面にあり存在感のあった本棚はこちらに移動しました。

それでは、ビフォーアフターをご覧ください。

Before

After

これで扉を開けても、本棚は視界に入りません。

窓から気持ちの良い風が入ってきています♪

次回も『ママの家事が楽になる家へ』のビフォーアフターをお伝えいたします。


このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、お片付けの事、DIYの事などを綴ってまいります。

次回は6/14(金)朝6時に投稿予定です。

貴方のお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

安東流お片付けを一人でも多くの方に知って頂くため、
「人気ブログランキング」に参加しています