大容量の押入、うまく活かせてますか

 

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

神奈川県のほぼ中央に位置する大和市に住んでおります。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。


片付けの伝道師でもあり、美しい暮らしの空間プロデューサーの安東英子先生が長年の経験から生み出した独自のお片付け方法が『安東流のお片付け』です。

 

『安東流のお片付け』では、既存の収納を活かした“しまう収納”です。

 

家の収納の中でも、押入は大容量の収納です。

あなたは押入をうまく活かせてますか。

 

大容量の押入収納

容量

クローゼットの奥行きは45~60cmが一般的ですが、押入れは75~85cmあります。

また幅も押入は、1間(ふすま2枚分)あります。

クローゼットは、広いもので1間ありますが、マンションだと半間だったり、もっと小さい場合もあります。

したがって、押入は大容量なのです。

 

天袋

押入のふすまの上にある、小さなふすま部分

こちらが天袋です。

クローゼットの場合は、枕棚が付いていますが容量で言えば天袋の方が大容量です。

 

使い勝手

またクローゼットは、折れ戸か多いですが、押入はふすまなどの引戸タイプが多いです。

そうすると、端から端まで無駄なく使えることが多いです。

 

この様に大容量の押入ですが、片付けに伺うともったいない使い方をされている方がいます。

 

押入のもったいない使い方

全体を使えない収納

例えば、よく見かけるもったいない使い方

この様にカラーボックスを押入の中段に入れている方がいます。

するとカラーボックスの前の空間が使えなくなってしまいます。

容量で考えると、大きな損失になってしまいます。

 

前後収納

逆にカラーボックスを置いた前の部分がもったいないからと、前に物を置いてしまう前後収納にする方もいます。

そうなると、後ろのカラーボックスに入れたものが取りづらくなるので、おすすめできません。

 

 

押入に入れたいもの

布団を入れる

押入に入れたい代表格は、お布団です。

あなたの家では、お布団が外に出ていませんか。

押入に入れなくてもよい物が押入にある為に、布団が入れられないという方がいます。

 

今、押入に入っている物は他に移せませんか。

そして本当に必要な物ですか。

 

布団は奥行き・幅ともに押入にピッタリサイズです。

今、布団が押入に収納できていない方は、ぜひ押入の見直ししてみてくださいね。

 

洋服を掛ける

布団を入れる必要がない場合は、中段を洋服を掛ける使い方もあります。

状況に合わせ、押し入れ収納極めてください。

大容量の収納なので、ここを上手に使えると、家の片付けがグンと進みます。

どんなふうに使えばいいのか、わからない方は、ぜひ安東英子先生や美しい暮らしの空間アドバイザーのブログのビフォーアフターをご覧ください。

 


お片付けで悩んでいる方に安東流お片付け知って頂くため、「人気ブログランキング」に参加しています

下の写真を 「クリック」すると、1日1回ポイントが反映されます。

お帰りの前にポチッとクリック頂けると、嬉しいです♪

↓       ↓        ↓

掃除・片付けランキング
ルームメイクに関するお問い合わせは、画面右下のピンクのメール印からお気軽にどうぞ♪

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

貴方のお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ*

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、アドバイザーの訪問作業はお客様と個別にご相談の上対応させていただきます。

お客様とアドバイザーの安全を最優先として活動してまいります。

今後ともご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

三枝へのお問合せ・お申込みはコチラ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA