【衣裳部屋2】本が溢れた家を、おうち丸ごとお片付け~ビフォーアフター12

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

神奈川県のほぼ中央に位置する大和市に住んでおります。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。

 


本日も、新シリーズのビフォーアフター【本が溢れた家を、おうち丸ごとお片付け】をお届けします。

今回お届けするお宅は、分譲マンションにお住い 60代のKさんご夫婦です。

今までの記事は、こちら↓

【本が溢れた家を、おうち丸ごとお片付け】

 


前回の記事では、大関文子アドバイザーと私(三枝律子)で、奥さんの衣類を全出し・分類・取捨選択したところをお届けしました。

一方、ご主人の衣類は大石美弥子アドバイザーが担当してくれました。

お使いの用途などを聞きながら、収めていきます。

不要となったものは、処分していきました。

タンスの中は、このようにきれいに収納できました。

ご主人のタンスは衣裳部屋ですが、クローゼットは図書室です。

こちらも大石美弥子アドバイザーが、ご主人に聞きながら整えてくれました。

 

ご主人クローゼットビフォーアフター

ビフォー

途中経過

 

アフター

途中経過の時点では、ズボンハンガーなどもなかったので、購入していただきました。

本当は、この後棚板の上をもう少し、整理整頓したのですが、最終的なアフターのお写真は撮り忘れていました。

 

 

衣裳部屋クローゼット

衣裳部屋のウォークインクローゼットは、奥さんのものでいっぱいでした。

衣裳部屋のウォークインクローゼットは、このまま奥さん専用のクローゼットとして仕上げていきます。

ビフォー

途中経過

ウォークインクローゼットには、普段着ているお洋服を収納します。

棚の上にあったストールなどの小物は、棚上では使いにくいので、移動しました。

アフター

手前のかばんは普段使いのかばんです

きれいに収まりました。

しかしながら収納量100%です。

 

これから何か増えることがあれば、減らさないと入りません。

ここからは一つ買ったら、一つ処分です。

一度、片付け切ったとしても、ここを油断してしまうと散らかり始めてしまいます。

あなたもきれいに片付け切ったとしても、収納量が100%の時は、一つ買ったら、一つ処分を心がけてくださいね。

 

 

衣裳部屋の様子

PPケースも購入し、収めていき、この衣裳部屋はこのようになりました。

途中経過

きれいに収納していきましたが、奥や箪笥の上にまだ入らないお洋服があります。

そこでここは、さらにPPケースを追加購入することにしました。

次回は、衣裳部屋の完成をお伝えいたします。

 


お片付けで悩んでいる方に安東流お片付け知って頂くため、ランキングに参加しています

お帰りの前にポチッとクリック頂けると、嬉しいです♪

▼      ▼      ▼
掃除・片付けランキング

三枝へのお問合せ・お申込みはコチラ▼

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

あなたのお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ1

風穴三樹子アドバイザーの書類整理ZOOMセミナーの開催が決まりました!!

詳細は下記の画像をクリックください。

*お知らせ2*

メインアドバイザーとして伺ったお宅がYouTube動画で紹介されました。

*お知らせ3*

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、

アドバイザーの訪問作業はお客様と個別にご相談の上対応させていただきます。

お客様とアドバイザーの安全を最優先として活動してまいります。

今後ともご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA