【衣裳部屋完成】本が溢れた家を、おうち丸ごとお片付け~ビフォーアフター13

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

神奈川県のほぼ中央に位置する大和市に住んでおります。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。

 


本日も、新シリーズのビフォーアフター【本が溢れた家を、おうち丸ごとお片付け】をお届けします。

今回お届けするお宅は、分譲マンションにお住い 60代のKさんご夫婦です。

今までの記事は、こちら↓

【本が溢れた家を、おうち丸ごとお片付け】

 


前回の記事では、ご主人と奥さんのクローゼットのビフォーアフターをお届けしました。

ご主人クローゼットビフォーアフター
奥さんクローゼットビフォーアフター
途中経過

前回の記事でお伝えしたように、引出しケースを設置・収納しました。

窓際の引出しケースの奥にあるのが、入らなかったお洋服です。

タンス側途中経過

また手前のご主人のタンスの上にも、日常的に使うテニス関係の用品などが収まり切りませんでした。

奥のタンスの上は、箱に入った奥さんの靴です。

 

引出しケース追加購入

そして、ここには引出しケースを追加購入し、このようにりました。

アフター

引出しケースの中には、季節外のお洋服やご主人のテニス関連の用品などを収納しました。

 

チェスト

チェストの引出しには、もともとウォークインクローゼットの棚上にあったストールなどの小物などを入れました。

ビフォー

アフター(チェストの引出し)引出しを引き出せば、一目瞭然です。
このチェストは、もともと図書室になった部屋に場所にありました。
お洋服などが載って埋もれていますが、矢印のところにあります。

 

チェストビフォー

チェストアフター

アフターでは、チェストが本来持っている良さが存分に発揮され、高級感が増しましたよね。

そして、Kさんがお好きな小物の籠たちも、雰囲気が合って素敵ですね♪

籠にはホコリが溜まりやすいので、Kさんガンバってお掃除されるそうです。

 

タンス側

タンス側は引出しケースを追加購入したことで、すっきり片付きました。

 

衣裳部屋ビフォーアフター

ビフォー

アフター

お部屋の用途が違うので、もう元の様子は跡形もありませんね。

このお部屋で唯一、元の用途と一緒なのは、ウォークインクローゼットだけです。

 

Kさん宅のビフォーアフターを見ていただくと、よくわかると思いますが、安東流のお片付けで一番初めに決めることは【部屋決め】です。

複数人でお住いの場合は、誰がどの部屋を使うか。

またお一人やご夫婦でお住いの場合は、どの部屋を何の目的で使うかを決めます。

 

この部屋決めで、お部屋の用途をほぼ総入れ替えしたことで、Kさん宅は片付いていきます。

この後も、その様子をお伝えしていくので、ぜひ参考にされてくださいね。

 


お片付けで悩んでいる方に安東流お片付け知って頂くため、ランキングに参加しています

お帰りの前にポチッとクリック頂けると、嬉しいです♪

▼      ▼      ▼
掃除・片付けランキング

三枝へのお問合せ・お申込みはコチラ▼

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

あなたのお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ1

中島由里アドバイザーの実家の片付けセミナーの開催が決まりました!!

詳細は上の画像をクリックください。

*お知らせ2*

メインアドバイザーとして伺ったお宅がYouTube動画で紹介されました。

*お知らせ3*

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、

アドバイザーの訪問作業はお客様と個別にご相談の上対応させていただきます。

お客様とアドバイザーの安全を最優先として活動してまいります。

今後ともご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA