クリーニングから帰ってきた洋服の扱い

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

神奈川県のほぼ中央に位置する大和市に住んでおります。

 

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。

 

開催予定のZoomセミナー


そろそろクリーニングに出した冬物が戻ってくる頃ではないでしょうか。

あなたはクリーニングから帰ってきたお洋服は、どのように保管されていますか。

 

クリーニングの袋

以前もこのブログでお伝えしましたが、クリーニングの袋はクリーニング屋さんから自宅に運ぶまでに汚れやほこりが付かないように掛けられているカバーです。

家に帰ったら、取りましょう!!

この事はクリーニングの袋に書かれている場合もあります。

 

クリーニングのハンガー

クリーニングのハンガーで針金タイプのハンガーを使っている業者さんもあります。

こちらは、針金ハンガーのままクローゼットに掛けるのではなく、そのお洋服にあったハンガーに掛けなおしてあげてくださいね。

 

またプラスチックのハンガーでも、クリーニング屋さんのタグが付いていたりします。

このタグにホコリが付く場合があるので、タグは外しましょう。

 

今日はクリーニングから帰ってきたお洋服の取り扱いについてでした。

 


お片付けで悩んでいる方に安東流お片付け知って頂くため、ランキングに参加しています

お帰りの前にポチッとクリック頂けると、嬉しいです♪

▼      ▼      ▼
掃除・片付けランキング

三枝へのお問合せ・お申込みはコチラ▼

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

あなたのお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ*

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、

アドバイザーの訪問作業はお客様と個別にご相談の上対応させていただきます。

お客様とアドバイザーの安全を最優先として活動してまいります。

今後ともご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA