子どもの持っている力

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

 


親の悩みの一つに、『片付けても片付けてもすぐに子どもが散らかす』というのをよくお聞きします。

この問題は、子どもの問題なのでしょうか。

 

幼稚園や保育園、学校での子どたち

散らかす原因と思われがちな子どもたちですが、幼稚園や保育園、学校ではどうでしょうか。

 

幼稚園や保育園では、遊んだ後にお片付けの時間があります。

遊んだおもちゃや、お絵かきの道具を先生の指導のもと、元の位置に戻します。

 

また学校でも休み時間に遊んだボールや使った道具は、キチンとボール入れなど元の位置に戻します。

校庭に置きっぱなし・・・なんてことは、まずないのではないでしょうか。

 

管理できる量と場所

では家では親が『片付けなさい』と言っても、片付けられないのでしょうか。

それは戻す場所が明確になっていないと言う事はありませんか。

また明確になっていても、あまり複雑なことは子どもの片付けには向きません

 

そして管理できる量の問題もあります。

子どもの片付け能力を超えてしまう量だとしたら、片付けることが難しくなってきます。

 

片付ける場所

皆さんのお宅のおもちゃはどんな風に収納していますか。

例えば、美しい暮らしの空間プロデューサーの安東英子先生の子育て中は、このようなおもちゃ入れにざっくりと片付けていました。

この時の記事 安東英子先生ブログ『えのみさん…それは私です』

安東先生のお宅には、お子さんが5人います。

子どもがたくさんいても、ここに入る量しか持っていませんでした。さすがです。

 

そして我が家はリビングのカウンター左端に、引き出しを入れ込み、そこにしまっていました。

その写真はないのですが、引き出しに4、5段だっと思います。

子どもが片付けやすいように、各引き出しに片付けるおもちゃの絵を描いて貼っていました。

 

長男は電車が好きだったので、プラレールのレールだけの引き出し、車両だけの引き出し、ウルトラマンや怪獣の引き出し、ぬいぐるみマックのおもちゃ、全部で5段でした!!

遠い昔の記憶・・・今から25年も前の事でした笑

この様に分けて、片付けるときは、『電車を車庫に戻そう!!』とか子どもが興味を持つ声掛けをしていました。

 

そして子どもが大きくなった時に、おもちゃもは子ども部屋に移動しました。

 

子どもたちは、みんな片付ける能力を持っています

リビングがおもちゃで、すぐに散らかるとお悩みの方は、しまう場所おもちゃの量をぜひ見直してみてください。

 

……きこえますか… きこえますか… ブログに遊びに来てくれたみなさん…応援ポチを押すのです… 今… あなたの…心に…直接… 呼びかけています… 応援ポチ…応援ポチは… 花瓶のバラの…リンクバナーです… ポチを押せば…筆者の…執筆エネルギーが…わきます…)


片付けで悩む多くの方に『安東流お片付け』が届くよう、ランキングに参加しています。

お帰りの前に下の写真をポチッとクリック、お願いします♪

↓       ↓        ↓

掃除・片付けランキング
1日1回ポイントが反映されます。

明日も来てね♪

ルームメイクに関するお問い合わせは、画面右下のピンクのメール印からお気軽にどうぞ♪

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

貴方のお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ*

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、

アドバイザーの訪問作業はお客様と個別にご相談の上対応させていただきます。

 

お客様とアドバイザーの安全を最優先として活動してまいりますので、

今後ともご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

三枝へのお問い合わせはコチラ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA