【リビング1】本が溢れた家を、おうち丸ごとお片付け~ビフォーアフター21

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

神奈川県のほぼ中央に位置する大和市に住んでおります。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。

 


本日も、新シリーズのビフォーアフター【本が溢れた家を、おうち丸ごとお片付け】をお届けします。

今回お届けするお宅は、分譲マンションにお住い 60代のKさんご夫婦です。

今までの記事は、こちら↓

【本が溢れた家を、おうち丸ごとお片付け】

 

リビングビフォー

 

Kさん宅のリビングは、13.8帖と広いリビングです。

しかし本棚と荷物に覆われ、機能していない状況でした。

本棚は、図書室に移動し、広いリビングは、本の取捨選択、キッチン用品の分類と、とても重宝しました。

 

作業中のリビング

 

物入の整理整頓

リビングには、Kさん宅で唯一の物入があります。

画面左側の鏡横の開き戸が物入です。

ビフォー

中には、生活用品の在庫や防災用品などが入っていました。

なんとなく分類されているものの、雑然としており必要な物を見つけるのが大変そうです。

ここは大石美弥子アドバイザー  に担当してもらい、このようになりました。

アフター

 

テレビボード

もともとテレビボードは和室にありましたが、リビングを本来の目的で使うことになりました。

そこで初日の移動の時に、リビングに移動しました。

この作業中の時にも、左上にテレビボードが写っていますね。

このテレビボードの引出しの中も、大石美弥子アドバイザーが担当してくれました。

 

リビングの片付けの様子

Kさん宅のリビングの片付けは、分類・取捨選択をするものが多かったのです。

ご夫婦で手分けして、いっぱい見てもらいました。

書類の量も多く、ざっとした分類だけでも時間が掛かったと思います。

根気よく、ひとつひとつ悩みながらも、分類・取捨選択されていました。

 

それから、Kさんご夫婦には、本以外にも趣味がありました。

その趣味のお話は、また次回させていただきます。


お片付けで悩んでいる方に安東流お片付け知って頂くため、ランキングに参加しています

お帰りの前にポチッとクリック頂けると、嬉しいです♪

▼      ▼      ▼
掃除・片付けランキング

三枝へのお問合せ・お申込みはコチラ▼

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

あなたのお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ1

中島由里アドバイザーの実家の片付けセミナーの開催が決まりました!!

詳細は上の画像をクリックください。

*お知らせ2*

メインアドバイザーとして伺ったお宅がYouTube動画で紹介されました。

*お知らせ3*

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、

アドバイザーの訪問作業はお客様と個別にご相談の上対応させていただきます。

お客様とアドバイザーの安全を最優先として活動してまいります。

今後ともご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA