【マンガ部屋2】オタク部屋の片付け~推しを愛でられる家へ8・ビフォーアフター

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

神奈川県のほぼ中央に位置する大和市に住んでおります。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。


本日も『オタク部屋の片付け~推しを愛でられる家へ』のビフォーアフターをお届けいたします。

今までの記事はこちら 

>>オタク部屋の片付け~推しを愛でられる家へ

 

間取り図

お電話で打合せ後、一人で頑張られたMさん。

いよいよ訪問してのルームメイクがスタートしました。

本日は、マンガ部屋をお伝えいたします。

 

貴重な収納

マンガ部屋には貴重な収納があります。

幅半間の物入れです。

事前に送って頂いた写真では、物入れにたどり着けなかったので、物入れ内の写真はありませんでした。

 

ビフォー

アフター

しかし、このスペースは訪問前にMさんが片付けたので、ルームメイク当日には、たどり着くことが出来るようになっていました。

物入れを開けてみると、この様になっていました。

ビフォー

この物入れは長い間、開けられずにいました。

本当に必要な物だけ残すべく、こちらもMさんと1点1点確認していきました。

 

ベッド周りの段ボール

前回のブログでお伝えしたベッド周りにあった段ボール

こちらはイベントで販売する書籍が入っていました。

前回のブログでもお伝えしたように、中身を全てMさんに見て頂きました。

 

残すものは、タイトルや巻数ごとに分類し、ダンボールにキッチリ入るように入れ直しました。

段ボールには本のタイトルと巻数を記載しました。

そして物入れに大石美弥子アドバイザーに入れてもらいました。

 

物入れビフォーアフター

ビフォー

アフター

タイトルはプライベート情報なので、隠してあります。

茶色の中にタイトルが書いてあります。

物入れを開けた時に、正面にタイトルと巻数が書いてあるので、必要な書籍がすぐに取り出せます。

 

ビフォー写真では、ゆったりと入っていましたが、アフターでは必要な物がビッシリと入っています。

写真には写っていませんが、枕棚にもキッチリと入っています。

 

寝室の物がマンガ部屋へ

美しい暮らしの空間プロデューサー安東英子先生が考案したのが【安東流のお片付け】です。

【安東流のお片付け】は、作り付けの収納を最大限に活かしたしまう収納です。

 

寝室のベッド周りに積まれていた書籍の段ボールは、マンガ部屋の作り付けの収納に収納することが出来ました。

だからこそ、寝室がホテルのようになったのです。

家は全て繋がっています。

寝室だけの片付け、物入れだけの片付けでは、私たち美しい暮らしの空間アドバイザーでも、この寝室を作ることは難しいでしょう。

そこで家を片付けるには、おうち丸ごとお片付けが必要となるのです。

 

これこそ、おうち丸ごとお片付けの醍醐味ですね。

皆さんもこのブログを参考に片付けされるのでしたら、おうち丸ごと・順番通りにぜひ片付けてくださいね♪

 

次回は、物入れ以外のマンガ部屋の様子をお届けいたします。

 


お片付けで悩んでいる方に安東流お片付け知って頂くため、ランキングに参加しています

お帰りの前にポチッとクリック頂けると、嬉しいです♪

▼      ▼      ▼
掃除・片付けランキング

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

あなたのお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ*

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、

アドバイザーの訪問作業はお客様と個別にご相談の上対応させていただきます。

お客様とアドバイザーの安全を最優先として活動してまいります。

今後ともご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

三枝へのお問合せ・お申込みはコチラ▼

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA