【図書室1】本が溢れた家を、おうち丸ごとお片付け~ビフォーアフター8

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

神奈川県のほぼ中央に位置する大和市に住んでおります。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。

 


本日も、新シリーズのビフォーアフター【本が溢れた家を、おうち丸ごとお片付け】をお届けします。

今回お届けするお宅は、分譲マンションにお住い 60代のKさんご夫婦です。

今までの記事は、こちら↓

【本が溢れた家を、おうち丸ごとお片付け】

 


前回の記事で、本棚の家具移動までお伝えしました。

リビングに出された本・本・本

Kさん宅には本棚に入っていた本の他にも、リビングの床にあった本。

寝室の床にあった本もありました。

それらは作業前に、Kさんご夫婦が一旦、押入れやベランダによけてもらっていました。

 

 

 

本の分類

ここからは、分類です!!

Kさん宅では、ご主人の本と、奥さんの本がありました。

それぞれ人別には分類されていました。

 

ここから分野別に分類し、本来なら取捨選択となります。

しかしKさんは、本が趣味なので減ることはありませんでした。

そこで、すぐ読みたい本と、持っておきたい本に分ける事にしました。

これらの本を全部見ていきますよー。

ここに映っていない本もあります。

分類が終わった本は、どんどん運んでいきます。

分類と使用頻度を伝える私(三枝)と、どんどん運ぶ大石美弥子アドバイザー

 

 

 

本の収納

ここまでの作業の下、ようやく本を収納していきます。

本棚は、運び入れた時点で清掃済みです。

Kさん宅には椅子も脚立もないので、許可を得て登らせていたただいてます。

大石アドバイザーも大関アドバイザーも、身軽でひょいひょい登って収納してくれました。

そして完成した本棚が、こちらです。

 

ここまでのビフォーアフター

ここまでで一旦、本の収納は終わりました。

ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

洋服が溢れ、床にもモノがあり、もうすぐ床が見えなくなりそうなお部屋が、素敵な図書室に生まれ変わりました。

この日は、ここまで図書室を作りこみました。

しかしKさん宅には、まだ収まりきらない本がありました。

それらの本は、どうしたのか、またお伝えいたします。

 


お片付けで悩んでいる方に安東流お片付け知って頂くため、ランキングに参加しています

お帰りの前にポチッとクリック頂けると、嬉しいです♪

▼      ▼      ▼
掃除・片付けランキング

三枝へのお問合せ・お申込みはコチラ▼

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

あなたのお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ1

風穴三樹子アドバイザーの書類整理ZOOMセミナーの開催が決まりました!!

詳細は下記の画像をクリックください。

*お知らせ2*

メインアドバイザーとして伺ったお宅がYouTube動画で紹介されました。

*お知らせ3*

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、

アドバイザーの訪問作業はお客様と個別にご相談の上対応させていただきます。

お客様とアドバイザーの安全を最優先として活動してまいります。

今後ともご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA