子どもの家事参加

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

神奈川県のほぼ中央に位置する大和市に住んでおります。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。


あなたの家の夕飯は、誰が作っていますか。

昭和の時代は、母親の仕事とされていました。

『男子厨房に入らず』と言う言葉まであり、お茶も女性が入れていました。

お父さんはお茶が飲みたければ、『おーい、お茶』と言っていた時代です。

ペットボトル飲料の名前にもなりましたね。

 

しかし最近では、共働きのご家庭も増え、それでは女性の家事負担が増えてしまいます。

男性も、どんどん厨房に入る時代です。

片付けに伺うと、ご主人が夕飯を作っているというご家庭も多いです。

今、YouTubeで特集されている、田中さんのお宅も夕飯づくりはご主人担当です。

 

わが家の場合

わが家のお話です。

長年、夕飯づくりは私の担当でした。

しかし美しい暮らしの空間アドバイザーになり、片付けの仕事のほかにブログの更新などもあります。

(ブログの更新って、案外時間が掛かるのです)

夕飯作りが、とても負担に感じていました。

 

だけれど今は、長男が夕飯づくりを担当してくれています。

そして長男の夕飯づくりは、献立とお買い物からやってもらってます。

これは非常に助かります。

 

夕飯づくりは、作るだけでなく献立を考えてお買い物するのも、大変です。

もちろん作った調理器具の洗い物もきちんとやってくれます。

 

子どもの料理参加

子どもが小さいと、教えるのも手間がかかり、自分でやった方が早いです。

しかし、興味を持った時にやらせることはとても大事な事です。

わが家の場合も、興味を持った時に、少しづつ参加させていました。

 

これは長男も長女も同じように、やらせていました。

しばらくすると、自分の食べたいものを作れるようになりました。

長男は料理が好きで、小学校の時は女子ばかりの調理クラブに入ったほどです。

 

任せる事

いつからか、自分一人で料理も出来るようになり、ときどき夕飯を任せたこともありました。

しかし、はじめは段取りが悪く、簡単なメニューでも3、4時間掛かっていました。

いつも6時半に食べていた夕飯が、9時や10時になることもありました。

 

その間、私がやったこと。

それは、ひたすら待つことです。

任せたからには、聞かれるまでは口を出さないで、ただひたすら待つ。

 

時には失敗もしていましたが、それは自分で学んで次回に活かしていました。

そうして、今は夕飯担当を献立作りから任せられるようになりました。

 

子どもは出来る

うちの子ども達の場合は、たまたま料理を作ることが好きでした。

私がやったことは、機会を与える事と、待つことだけです。

 

田中さんのお宅の子ども達も、片付けにとても興味を持っていました。

そこで自分たちで出来る事は、機会を与えてハンガーに掛けたり、畳んだりしてもらいました。

はじめは時間が掛かるかもしれませんが、大人たちが一生懸命片付けていることに参加できて、とても嬉しそうでした。

やりたいと言った時がチャンスです。

あなたのお子さんが興味を持ったらぜひ、参加させてあげてくださいね。

 


お片付けで悩んでいる方に安東流お片付け知って頂くため、ランキングに参加しています

お帰りの前にポチッとクリック頂けると、嬉しいです♪

▼      ▼      ▼
掃除・片付けランキング

三枝へのお問合せ・お申込みはコチラ▼

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

あなたのお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ1

風穴三樹子アドバイザーの書類整理ZOOMセミナーの開催が決まりました!!

詳細は下記の画像をクリックください。

*お知らせ2*

メインアドバイザーとして伺ったお宅がYouTubeにて公開中です。

*お知らせ3*

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、

アドバイザーの訪問作業はお客様と個別にご相談の上対応させていただきます。

お客様とアドバイザーの安全を最優先として活動してまいります。

今後ともご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA