部屋の役割り

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

三枝へのお問い合わせ、お申込みはコチラ↓


数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

お宅にはお部屋は何部屋ありますか。

都心のお宅では、一人暮らしの場合は1DKや1LDK

ご家族でお住いの場合は、2LDKや3LDKのお住いの方が多いと思います。

 

お部屋の使い方

LDKは、リビング・ダイニング・キッチンですので多くの方は、この使い方をされていると思います。

残った居室ですが、どのように使われていますか。

 

例えば、ご夫婦お子さんお1人の3人家族で2LDKにお住まい場合

洋室1をご夫婦の寝室

洋室2をお子さんのお部屋 となります。

 

しかしお子さんが小さく、まだお子さんのお部屋を準備していないとします。

そうすると洋室2が使用目的不明な部屋となります。

とりあえず空いているお部屋になんとなく荷物が置かれていき、気が付いた時には物置部屋となりがちです。

 

こんな場合も

逆に子ども部屋として使用していたお部屋が、お子さんが結婚して独立したのに、荷物はそのまま置いてある。

こちらも元子ども部屋は使用目的が不明な部屋です。

なんとなく空いている部屋に、とりあえず要らなくなったものを置いていく

気が付くと、こちらも物置部屋の出来上がりです。

 

使用目的を明確に!!

今現在、都心の住宅事情ではお部屋がたくさんあって困ってしまう などと言うお宅は稀でしょう。

少ない居室の数の中に、使用目的がはっきりしない物置部屋があるのはもったいないです。

なんとなく物で埋め尽くしていくのではなく、お部屋の使用目的をキッチリ決めましょう。

小さなお子さんがいるお宅でしたら、将来の子ども部屋にする。

お子さんが結婚して独立されたなら、お子さんのものはお子さんに引き取ってもらいましょう。

そうすれば、元子ども部屋をご夫婦の趣味のお部屋として使えます。

 

ビフォーアフターを参考に

美しい暮らしの空間プロデュース協会のプロデューサー安東英子先生や協会のアドバイザーのブログにはビフォーアフターの事例がたくさんあります。

 

【事例】

物置部屋から子ども部屋へ→安東英子先生のブログ『悩んだ家具配置7~物置部屋を子ども部屋へ』

物置部屋から趣味の部屋へ→茂見和子アドバイザーのブログ『趣味を楽しみ寛げる家』

 

物置部屋を別の使用目的のお部屋にした事例もたくさんあります。

ぜひ、検索してみてくださいね♪

 

そしてご自身では物置部屋からの脱却は難しい、または来春小学校に上がるお子さんにお部屋を用意したいけど、どうやったらいいのかわからないなどのご相談は、お近くのアドバイザーまで↓

 


このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、

片付けの事、DIYの事などを綴ってまいります。

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

貴方のお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

たくさんの方に安東流お片付け知って頂くため、「人気ブログランキング」に参加しています

下の写真を 「クリック」すると、1日1回ポイントが反映されます。

お帰りの前にポチッとクリック頂けると、嬉しいです♪

↓       ↓        ↓

掃除・片付けランキング
ルームメイクに関するお問い合わせは、画面右下のピンクのメール印からお気軽にどうぞ♪