家の『ゾーニング』できてますか

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。

 三枝の自己紹介は、コチラ 

 


プライベートゾーンとパブリックゾーン

今日は家のゾーニングのお話です。

プライベートゾーンパブリックゾーンと言う言葉は、聞いたことがありますか。

なんとなく聞いたことあるけど、詳しくは分からないという方のために説明しますね。

プライベートゾーンとは

家族それぞれ個人が使うゾーン

『子ども部屋』『寝室』がプライベートゾーンです。

 

パブリックゾーンとは

家族全員が集まり、家族で使うゾーンです。

『リビング』『ダイニング』『キッチン』『トイレ』などがパブリックゾーンです。

 

家のゾーニング

『うちは”キッチン”どこにしようか考え中なの』や

『“トイレ”の場所が決まらなくて』など、新築の注文住宅などでない限り、多くのお宅では、パブリックゾーンのゾーニングは出来ているでしょう。

 

しかし『プライベートゾーン』のゾーニングが出来ていないお宅が多いです。

 

誰をどの部屋に収納するか

安東英子先生がこちらのYouTubeでもお話しされています。

まさしく個人で使うお部屋のゾーニングが決まっていないお宅を多く見かけます。

ここが決まらなければ、次には進めないのです。

 

どの様に決めるのか

お部屋を決めていくには、家族構成・生活サイクル・兄弟姉妹の男女の数・持ち物の量・・・。

色々なことを考えて進めなければなりません。

子どもが小さい場合は親が決めますが、子どもが大きくなっている場合は、家族の話し合いも必要となります。

 

この個室のゾーニングを決めて、はじめて整理整頓・収納に進めます。

このお部屋の使い方は、とっても重要です。

もしご家族だけで決められない場合は、経験豊富な美しい暮らしの空間アドバイザーにご相談ください。

次回は、ゾーニング後の収納のお話しをします。

 


たくさんの方に安東流お片付け知って頂くため、「人気ブログランキング」に参加しています

下の写真を 「クリック」すると、1日1回ポイントが反映されます。

お帰りの前にポチッとクリック頂けると、嬉しいです♪

↓       ↓        ↓

掃除・片付けランキング

ルームメイクに関するお問い合わせは、画面右下のピンクのメール印からお気軽にどうぞ♪

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

貴方のお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ*

新型コロナウイルスのさらなる感染拡大と予防のため、

ご訪問してのアドバイス、片付けの作業は

控えさせていただいております。

 

■□お電話相談受付中□■

現在はお電話相談を受け付け中です。

詳しくは下のバナーをクリック☎

 

三枝へのお問い合わせ、お申込みはコチラ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA