片付けるとは、モノを処分すること?

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

神奈川県のほぼ中央に位置する大和市に住んでおります。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。

 


『さあ、片付けよう!!』と思ったら、あなたは何から始めますか。

片付け=物を処分する と考えられる方が多いです。

片付けを辞書で引くと、『散乱したものを整える。整理する。』と出てます。

※広辞苑より引用 

 

ここで2つのワードが出てきました。

それぞれのワードについて、考えてみましょう。

 

散乱したものを整える

まずは、『散乱したものを整える』です。

『散乱したものを整える』には、どうしたらよいでしょうか。

 

散乱したものを整えるには、散乱した物を元の場所に戻さなければなりません。

これはすでに片付けが終わっているお宅が出来る作業です。

 

あなたの家は、どこに何をしまうか決まっていますか。

どこにしまうかが決まっていなければ、戻そうにも戻せないですね。

どこにしまうか決まっていない場合は、次の章に進んでください。

 

散乱したものを整理する

はい。

なにをどこにしまうか決まっていない方は、こちらです。

『散乱したものを整理する』です。

『散乱したものを整理する』には、どうしたらよいでしょうか。

 

その前に、まずワードから考えてみましょう。

『散乱したものを整理する』の整理するとは、どういう事でしょう。

整理とは、物を分類して要るものと要らないものに分ける事です。

ここで要らないとなったものが、はじめて処分の対象になるのです。

 

整理して、必要となった物だけ、整頓します。

整頓とは、物を整えて配置することです。

 

整頓する場所が決まっていない場合は、何をどこにしまうのかを決めなければなりません。

その為には、まずはお部屋の使い方を決めます。

それから、片付けの順番通りに片付けていきます。

詳しいことは、この記事に書いていますので参考にしてください。

>>“安東流のお片付け”を学んで、家をスッキリ片付けましょう!!

 

片付けるは、捨てるではない

ここまで読んでいただけたら、『片付け=処分する』ではないという事がお分かりいただけたと思います。

しかし片付けを進めていくうえで、必要と思ってもすべての物が取っておけない場合もあります。

それは家には、収納できる容量があるからです。

家の収納量を超えてしまうと、取っておけません。

家を冷蔵庫と考えて頂ければわかりやすいと思います。

450lの冷蔵庫に900lの食材を入れようとしても入りませんよね。

家も同じです。

 

5000個の物しか収まらない家に、1万個の物を置くわけにはいかないのです。

例え入ったとしても、モノにあふれ生活しにくい家になってしまいます。

その様な時は、頑張ってモノを減らしていくしかありません。

 

片付けとモノの処分について、少しおわかりいただけましたでしょうか。

あなたの家は、家に対してモノの量は合っていますか。

しまう場所は、決まっていますか。

これらを考えて片付けをしてみてくださいね。

 


お片付けで悩んでいる方に安東流お片付け知って頂くため、ランキングに参加しています

お帰りの前にポチッとクリック頂けると、嬉しいです♪

▼      ▼      ▼
掃除・片付けランキング

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

あなたのお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ*

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、

アドバイザーの訪問作業はお客様と個別にご相談の上対応させていただきます。

お客様とアドバイザーの安全を最優先として活動してまいります。

今後ともご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

三枝へのお問合せ・お申込みはコチラ▼

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA