恐怖の箱男!!

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。

 三枝の自己紹介は、コチラ 

 


片付けにお伺いすると出会う、恐怖の箱男!!

お宅にはいませんか。

妖怪風に言ってみましたが、『恐怖の箱男』とは空箱を大事に取っておく男(ひと)です。

 

大切に取っておかれる箱

家電やゲーム機が入っていた空箱を大事に取っておかれる方がいます。

これらを取っておくのは、なぜだか男性に多いのです。

そしてその空箱が貴重な収納スペースを圧迫していたり、物置部屋となってしまったお部屋に押し込まれています。

 

こられのスペースがあれば他の物を収納したり、物置部屋も子ども部屋として使えます。

そしてそれらの空箱の為のスペースに、家賃やローンを払っているのです。

 

本当に必要ですか

空箱を大切に取っておいている方に『必要ですか?』と伺うと、たいてい『修理や引っ越しの時に使うので』とおっしゃいます。

しかし修理や引っ越しするときに、その箱でないといけませんか。

 

修理の時

修理は家電量販店に持ち込むことが多いですし、まれにメーカーに出すとしてもドラッグストアやスーパーでダンボールをもらい、エアキャップなどできちんと梱包して送れば問題ありません。

 

引っ越しの時

引っ越しの時は、大概引っ越し業者に依頼されると思います。

その時はダンボールがいっぱい来るので、必要な大きさにダンボールを加工し緩衝材を入れれば、きちんと運んでくださいます。

 

この様にお話しすると、納得して処分となることが多いです。

もしお宅にも『箱男』がいるようでしたら、箱の必要性についてぜひお話してみてください。

明日は、『箱女』のお話しをしたいと思います。

 


片付けで悩む多くの方に『安東流お片付け』が届きますように☆彡

お帰りの前に下の写真をポチッとクリック、お願いします♪

↓       ↓        ↓

掃除・片付けランキング

1日1回ポイントが反映されます。

明日も来てね♪

ルームメイクに関するお問い合わせは、画面右下のピンクのメール印からお気軽にどうぞ♪

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

貴方のお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ*

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、

アドバイザーの訪問作業はお客様と個別にご相談の上対応させていただきます。

 

お客様とアドバイザーの安全を最優先として活動してまいりますので、

今後ともご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

三枝へのお問い合わせはコチラ↓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA