私の家は狭かった!!

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。

 三枝の自己紹介は、コチラ 

 


さて前回のブログ記事で、快適に住める広さ『誘導居住水準』と、健康で文化的な住生活出来る広さ『最低居住水準』のお話をしました。

その時の記事【貴方のお家は広い、狭い!?】

 

私の家は狭かった

それは私たち家族がはじめて社宅を借りたときです。

その時の間取り図を、まだ取ってありました!!

住居専有面積が33.86㎡

はじめは夫婦二人でした。

しかし間もなく長男が生まれ、3人家族になりました。

 

二人の時はなんとか最低居住水準を満たしていましたが、3人になった時点でアウトです。

最低居住水準を満たさなくなってしまいました。

 

間取り

この社宅はいわゆる団地です。

6帖をリビングダイニングとして使い、4畳半を寝室にして布団を敷いて寝ていました。

 

頼りになる押入れ

とても狭かったのですが、押入れが1間半ありましたので、とても助かりました!!

布団しまうのに、押し入れ半間分の上段は埋まってしまいましたが、それ以外はフル活用していました。

 

洋服は婚礼箪笥に入るだけしか持たず、季節外の物は押入れの収納ケースに入れ衣替えをしていました。

子どもが生まれ、赤ちゃんのお洋服お世話グッズもすべて押入れに入れていました。

おもちゃ半間の押し入れの下段に入れていました。

 

寝室とリビングダイニング

寝室に置いた家具

婚礼ダンス1棹(残念ながら2棹は並ばず)と整理ダンス

 

リビングダイニングに置いた家具

婚礼ダンス1棹と、小さな本棚、ローテーブル、座椅子、テレビボードのみ配置しました。

後は余計な物は買わないし、雑誌でも1冊買ったら1冊処分していました。

小さいスペースながらそれなりに快適に暮らしていました。

まだ安東流のお片付けを全く知りません(安東先生も子育て真っ最中のころだと思います)でしたが、キャパシティーを超えないようにしていました。

家の大きさや収納にあった物しか持たないことは、快適に暮らすヒントとなります。

 

自宅の家や収納の大きさと、物の量が見合っているのか、もう一度見直してみてください。

そして押入れや大きな物入の中に、なんとなく取ってあるものはないのか、是非全出ししてみてください♪

 


たくさんの方に安東流お片付け知って頂くため、「人気ブログランキング」に参加しています

下の写真を 「クリック」すると、1日1回ポイントが反映されます。

お帰りの前にポチッとクリック頂けると、嬉しいです♪

↓       ↓        ↓

掃除・片付けランキング
ルームメイクに関するお問い合わせは、画面右下のピンクのメール印からお気軽にどうぞ♪

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

貴方のお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ*

新型コロナウイルスのさらなる感染拡大と予防のため、

ご訪問してのアドバイス、片付けの作業は

控えさせていただいております。

 

■□お電話相談受付中□■

現在はお電話相談を受け付け中です。

詳しくは下のバナーをクリック☎

三枝へのお問い合わせ、お申込みはコチラ↓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA