もったいなくて使えないモノ

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。

 三枝の自己紹介は、コチラ 

 


気に入って買ったものや、頂いた高級品がもったいなくて使えないと言う事はありませんか。

実は私にも、そのようなことがありました。

 

綺麗な千代紙

私が小学生のころ、千代紙交換というのが流行っていました。

千代紙とは、折り紙や紙人形の衣装、化粧箱の装飾に使われた和紙で出来た折り紙サイズの紙です。

この千代紙や折り紙のきれいな柄の折り紙を、お友だちと交換していました。

 

当時の私は、千代紙やきれいな柄の折り紙がもったいなくて使えずに、交換したものをずっと大切に持っていました。

それらの紙は、折られることなく私は大人になってしまいました。

 

時がたてば、ただの千代紙

大人になり結婚して子どもが生まれ、子どもが折り紙を折るようになりました。

家にある折り紙の中に、その大切に取っておいた千代紙がありました。

その時は、光り輝いて見えた千代紙も大人になると、私には輝きを失って見えました。

 

この時に懐かしかったり、思い出として大切に思われる方は、千代紙を思い出の箱に入れて取っておかれるとよいでしょう。

しかし私にとって千代紙は懐かしかったものの、取っておこうと思えるものではなくなっていました。

 

使えばよかった

大切にしていた千代紙やきれいな柄の折り紙は、なんの感情も持たない子どもにただ折られたり、工作の材料として使われてなくなっていきました。

その時に私に生まれた感情は、子どものあの千代紙が大事でキラキラと輝いていた時代に使えばよかった!!と思いました。

 

片付けに伺うと、頂いたものや高級品を自分にはもったいないからと取っていらっしゃる方がいます。

しかし使わないほうがもったいないと今の私だったら声を大にして言えます。

 

どんな物にも旬があります。

その時に使わずにいれば、旬を過ぎたものは輝きを失い、古くなり、しまいには朽ちていくでしょう。

片付けの現場でも、朽ちて使えなくなった贈答品も処分もたくさんしてきました。

本当にもったいないです。

安東英子先生のYouTubeでも、大切にし過ぎて使わないままため込んでしまったお宅のお話しをされています。

限りある人生、物が旬のうちに自分で使い、豊かな暮らしにしていきませんか。

 


片付けで悩む多くの方に『安東流お片付け』が届きますように☆彡

お帰りの前に下の写真をポチッとクリック、お願いします♪

↓       ↓        ↓

掃除・片付けランキング

1日1回ポイントが反映されます。

明日も来てね♪

ルームメイクに関するお問い合わせは、画面右下のピンクのメール印からお気軽にどうぞ♪

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

貴方のお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ*

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、

アドバイザーの訪問作業はお客様と個別にご相談の上対応させていただきます。

 

お客様とアドバイザーの安全を最優先として活動してまいりますので、

今後ともご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

三枝へのお問い合わせはコチラ↓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA