いますぐ手放すべきもの7選

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

神奈川県のほぼ中央に位置する大和市に住んでおります。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。

 


片付けをしていくうえで、モノの処分は大切です。

なんでもかんでも処分するとなると、心が痛みます。

そこで処分してよいモノを挙げてみたので、参考にしてください。

 

1.あきらかなゴミ

捨て方がわからないで、置いてあるものはありませんか。

・包丁

・ボタン電池

・オイルが残ったライター

・中身が残ったスプレー

・データが残ったPC

この辺りは、悩んでいる方も多いです。

自治体により処分方法が変わりますので、まずは問い合わせてみましょう。

自治体で処分できないモノも、どうしたらよいかヒントがもらえることが多いです。

 

2.タダでもらったもの

必要以上に持っていませんか。

・ショップバッグ、紙袋

・試供品、サンプル品

・コンビニスプーン、割りばし

・使い捨てお手拭き

・ポケットティッシュ

必要以上持っていると、収納を圧迫します。

どれくらい使うのか、あなたの生活サイクルにあった量にしましょう。

 

3.壊れているモノ

壊れている家電など、修理に出しそびれたものはありませんか。

本当に修理して使いますか。

使うのであれば、今すぐ修理に出しましょう。

 

また欠けた食器などは、大切な思い出があるもの以外は買い替えましょう。

思い出の物は、金継ぎという方法もあります。

 

4.期限切れのモノ

食品以外にも、飲み薬、塗り薬にも期限があります。

また招待券や割引カード、行かなくなったお店のポイントカード、処分した家電の取扱説明書などありませんか。

 

5.使いにくいモノ

着心地がわるい服、サイズが合わなくなった服、履き心地が悪い靴、書き心地が悪いペンなど

使ってみたけれど、使いにくく置きっぱなしにしているものはありませんか。

使いにくいと結局、使わないことが多いです。

 

6.気に入っていないモノ

頂いたけれど自分の好みではないモノ、景品でもらったもの、買ったときと時代が変わり今の自分には合わないもの…。

思い当たるものはありますか。

 

7.使い切れないモノ

掃除用にと取ってある古いタオルや歯ブラシ

どれくらいで使い切りますか。

使い古しの歯ブラシは月に1本出るとして、4人家族なら毎月4本出ます。

どれくらい使いますか。

 


いかがでしたか。

これらのモノは、特に思い入れがなければ比較的手放しやすいです。

何から手を付けて良いかわからない方は、判断しやすいこれらのモノをまず処分してみましょう。

 


お片付けで悩んでいる方に安東流お片付け知って頂くため、ランキングに参加しています

お帰りの前にポチッとクリック頂けると、嬉しいです♪

▼      ▼      ▼
掃除・片付けランキング

三枝へのお問合せ・お申込みはコチラ▼

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

あなたのお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ1

セミナー開催のお知らせ

 ▶講師 中島由里アドバイザー

▶︎講師 風穴三樹子アドバイザー

▶講師 安東英子詳細は上の画像をクリックください。

 

*お知らせ2*

メインアドバイザーとして伺ったお宅がYouTube動画で紹介されました。

*お知らせ3*

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、

アドバイザーの訪問作業はお客様と個別にご相談の上対応させていただきます。

お客様とアドバイザーの安全を最優先として活動してまいります。

今後ともご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたし

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA