散らからない家づくりの基本

おはようございます。

関東を中心に本物のお片付けをサポートしている、美しい暮らしの空間アドバイザー 三枝律子(さえぐさりつこ)です。

神奈川県のほぼ中央に位置する大和市に住んでおります。

数多くのブログの中から『大好きな家へ』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

はじめてこのブログにお越しになった方へ

このブログでは、お片付けを通して、今のお住まいをもっと『大好きな家へ』なるよう、片付けの事、DIYの事などを綴っております。

 


家を片付けていくうえで、散らからない仕組みづくりは大切です。

散らからない仕組みとは、なんでしょう。

それはゾーニングという考え方です。

家の間取り

ゾーニングの前に、あなたが今住んでいる家を思い浮かべてください。

どんな間取りでしょうか。

1K,1DK,1LDK,2K,2DK,2LDK,3DK,3LDK…。

様々な間取りがあります。

ちなみにはじめの数字が部屋数、K(キッチン)、D(ダイニング)、L(リビング)です。

 

間取りの例

多くの家では、上の間取り図のように玄関入って、廊下があり、キッチン、トイレ、洗面所、お風呂、それからリビングやダイニング、個室があるのでないでしょうか。

(廊下・リビング・ダイニングは小さな間取りにはない場合もあります)

 

ゾーニング

上の間取り図では、ゾーンごとに色分けしました。

簡単に書くと下のようなゾーニングになります。

ゾーニングとは、目的ごとに場所(ゾーン)を分けることを言います。

このゾーニングでは、家は4つのゾーンに分類されます

家族が集まるパブリックゾー

リビングやダイニングなど、くつろいだり食事をしたりなど、常に家族が集まるゾーン

家族が集い安らぎ食事をするゾーンです。

個人が使うプライベートゾーン

家族の各人が自分の部屋として使うゾーン

子ども部屋が人数分ない場合は、男女別などに分けて使います。

生活に必要なサービスゾーン

キッチンや浴室、洗面脱衣室、トイレなど生活に必要な場所

移動ゾーン

各ゾーンに移動するのに使うゾーン

 

住空間のゾーニングについては、インテリア業界でも使われる考え方です。

安東英子先生は、習わずとも身につけ実践されていました。

さすがですね。

 

ゾーニングと合ってる?

さてさて、ゾーニングについてはおわかりいただけたと思います。

ここで安東英子先生がいつも言われていることがあります。

『個人の物は個室で管理』

『下着は洗面所に置かない』

 

これらの事を守られていないのは、ゾーニングの考え方からも逸脱していきます。

そして散らかっている多くの家では、ゾーニングと合っていない場所に物を置いています。

 

例えば、リビングに個人の物を置いていませんか。

先ほども書きましたが、リビングは『家族が集い安らぐお部屋』です。

大量のおもちゃや勉強机などを置いていませんか。

これでは他の家族が安らげなくなりますね。

 

また洋服はどこに置いていますか。

自分のお洋服が個人の部屋に入りきらないと、他人のお部屋や客間の和室(パブリックゾーン)に置いていませんか。

 

散らかっている家は、このゾーニングがあいまいになっている場合が多いです。

あなたの家のゾーニングと、置かれているものをもう一度見直してみてください。

ゾーニングの考え方を抑えて、散らからない家を目指してみてくださいね。

 


お片付けで悩んでいる方に安東流お片付け知って頂くため、ランキングに参加しています

お帰りの前にポチッとクリック頂けると、嬉しいです♪

▼      ▼      ▼
掃除・片付けランキング

三枝へのお問合せ・お申込みはコチラ▼

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

あなたのお片付けのお供に ぜひ、またいらしてください。

 

*お知らせ1

中島由里アドバイザーの実家の片付けセミナーの開催が決まりました!!

詳細は上の画像をクリックください。

*お知らせ2*

メインアドバイザーとして伺ったお宅がYouTube動画で紹介されました。

*お知らせ3*

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、

アドバイザーの訪問作業はお客様と個別にご相談の上対応させていただきます。

お客様とアドバイザーの安全を最優先として活動してまいります。

今後ともご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA